据え置き型浄水器の強み

本体を蛇口の先端に取り付けるのではなく、据え置きタイプの浄水器には、スペースを必要とする設置条件があります。

更にコンセントを差し込むことも必要なので、一見するとあまり強みはないように思われます。しかし、設置方法が比較的簡単で、時に蛇口取り付けの簡易型より短時間で設置できるケースも少なくないです。基本的に大掛かりな工事は不要ですから、スペースを取る据え置き型の浄水器であっても、案外設置のハードルは低いといえます。据え置き型の浄水器は、本体の大きさとパワーを活かし、簡易的なタイプと比べて優れたろ過性能を発揮します。

本体が大きい分、フィルターも大きく設計できるので、必然的に設計の自由度がアップします。設置スペースのおかげで、本体内の空間に余裕が生まれますから、フィルター性能を引き上げたり、しかも長寿命に設計できるわけです。フィルターの交換頻度が減りますから、環境に優しく経済的ですし、何より手間が掛かりにくいのが魅力です。

性能の高い据え置き型は、水道水に含まれる残留塩素の除去能力にも優れるので、赤ちゃんや小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。水は毎日欠かせない飲み物で、口から直接摂取しますから、安全で安心できる水を与えたいところです。水を買う選択肢もありますが、経済性やごみが出る問題に処分の手間を含めると、やはり浄水器の選択が合理的です。設置のハードルは思いの外低く、簡易型より性能が上回ることが多いので、毎日水をろ過してくれる味方として頼りになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *