浄水器レンタルのメリット・デメリット

家庭用の浄水器を導入する方法として購入する以外にレンタルする方法があります。

浄水器は種類にもよりますが、高性能になればなるほど高価になるため、導入に躊躇してしまいます。その点、レンタルであれば毎月一定の料金を支払うだけで気軽に高性能な機械を導入することができます。

浄水器を導入する際に、概ね安価な種類としては蛇口直結型が挙げられます。価格帯も3、000円~と気軽に購入でき、家庭内で取り付けも簡単に行うことができます。しかし、据え置きタイプなどに比べ浄水性能が低く水量に劣るため使用用途は飲用水に用いる程度になってしまいます。一方据え置きタイプやビルトインタイプは、水量が豊富であり、浄水性能も高いため、お米の炊飯や煮物、スープ、野菜洗いといった調理にもストレスを感じることなく使用することができるため、使用するメリットが高いと言えます。

しかし据え置きタイプ、ビルトインタイプなどの浄水器は、蛇口直結型に比べ価格帯も数万円以上と高価な場合が多く、購入を考えることも多くあります。つまり高性能な浄水器を導入する場合には浄水器のレンタルにすることで、短期の出費を抑え、毎月の固定費で無理なく利用を行うことができると言えます。もちろん実際には機材を購入したほうが、レンタルで使用し続けるよりもトータルのコストは低く抑えることができますが、購入しても家庭の状況に合わなかったということも十分考えられます。まずはレンタルで使用した上で、機材が合うかどうかを試すことが失敗が少ないと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *