一人暮らしで使う浄水器の選び方のポイント

一人暮らしを始めて、水道水が美味しくないと感じているのなら、浄水器を設置するのが便利です。

美味しい水を飲む方法としてはペットボトルの水を購入するという方法もありますが、重い水を購入して部屋まで運ぶのは重労働ですし、使い終わった後にはゴミが出るという問題があります。

浄水器であれば、設置すれば水道水を美味しく安全にできるので、そういった問題を解決できますし、飲み水だけでなく料理にも気軽にきれいにした水道水を使えるようになります。一人暮らしで使う浄水器としておすすめのタイプは、蛇口直結型のものです。特にコンパクトなタイプなら洗い物をするときも邪魔になりにくく、初期費用も安く済みます。購入する際はサイズなどが蛇口に合い取り付け可能かどうかを確認する必要がありますが、取り付ければすぐきれいな水を使えます。

引っ越すときも取り外して持っていくことができるので、一人暮らしには便利です。また、蛇口直結型浄水器を選ぶときには、本体の値段や浄水能力以外にもランニングコストを考えることが大切です。なぜなら、水を浄化するためのカートリッジは定期的な交換が必要なので、ランニングコストを考えないと思わぬ出費になってしまうからです。カートリッジ代がいくらなのかはもちろんですが、カートリッジの寿命が長いほうが交換する回数が少なくて済むので、一年あたりでどれくらいの費用がかかるのか、事前に計算してから比較検討するといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *