一人暮らしに適した浄水器とは

浄水器には、取り付け工事が不要な「ポット型」も存在します。

専用のポットにフィルターを装着し、そこに水を注いで浄化するタイプの浄水器です。こちらは大量の浄水を必要としない場合や、導入コストを抑えたい場合などに適しています。一人暮らしであれば、一日に飲む水の量はさほど多くありません。「一度に浄化できる水量が限られる」というデメリットのあるポット型浄水器ですが、飲用としてのみ浄水を利用するなら大きな問題はないでしょう。

毎日たくさんの水を飲む、あるいは料理などにも使うのであれば、2リットル以上の大容量タイプを選ぶと便利です。ただし、その際は冷蔵庫のドアポケットに収納できるか確認が必要です。一人暮らし用の小さな冷蔵庫では、大容量タイプだと収納できない可能性があります。アパートやマンションで一人暮らしをするなら、退去する際は浄水器も撤去しなければいけません。その点ポット型は作業の必要が無く、引っ越しに掛かる手間を減らすことができます。

短期間で引っ越す予定があれば特に、ポット型の手軽さは大きなメリットです。取り付けや撤去の際に、誤って備え付けの水道設備を傷つける心配もありません。ポット型の浄水機能は、他のタイプと比べても遜色ないと言われています。浄水機能の高さはフィルターの良し悪しによるところが大きいためです。ただし浄水のスピードでは蛇口型よりも劣ります。メーカーによって差はありますが、一リットル当たり数分程度の時間が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *