一人暮らし用浄水器の選び方

電気・ガス・水道の、ライフラインといわれる生活必需品の中でも水道は他の二つと異なり、民間事業者ではなく市区町村などの地方自治体が直接運営しています。

水道が生活の中でどれだけ大切かがわかりますが、公共団体が運営することによって採算性のために衛生や品質を犠牲にすることがないように考えられた仕組みといえます。そのおかげで、日本は外国人から羨望と畏敬の念を込めて”水と安全はタダ”といわれるほどですが、浄水器を使うことによって消毒用の塩素のにおいを抜くなど、ワンランク上の味わいを感じることができます。

一般的な浄水器は、水何リットル分などの浄水能力の性能がありますが、それとは別に製造から使用完了までの期間が長すぎても品質低下の恐れがあります。一人暮らしの場合、使用する水の量は多くないので仕様を終えるまで長持ちはしますが、試用期間が長すぎて品質低下を起こさないように、カートリッジ購入時に使用期限を確認しておくと安心です。

カートリッジの外箱には推奨消費期限が印字されていますが、浄水器を選ぶときも、その機種にあったカートリッジの期限がどれくらいあるか確認しておくと有効です。期限を確認して長めのものを購入すれば、一人暮らしの場合は使い過ぎを気にせずに浄水器を利用することができます。一人暮らしでは冷蔵庫も大容量ではないことが多く、ペットボトルのストックも難しいので浄水器を効果的に活用するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *