ウォーターサーバーの比較ポイント

水を購入する時代になって久しいですが、いつでも冷たい水と熱いお湯がのめるウォーターサーバーが人気で各社から提供されるようになっています。

一言でウォーターサーバーといっても多くの種類があり価格も異なっています。各業者と契約を結ぶ際にはどこを比較すればよいのでしょうか。コストを含めて多くの比較ポイントがあります。まずは水の種類です。コスト的には安いRO水と呼ばれる水道水や地下水をROろ過という技術で不純物を99%取り除いた水。また、コスト的には若干高くなりますが、各地区の名水と呼ばれる天然水です。

有名なところでは富士の天然水や日田天然水などです。次に、ハード部分となるサーバーについても違いがあります。インテリアや利便性について各社とも違いがあります。また、水の入れ物についても、以前は返却方式のリターナブルが採用されていましたが、最近では使い捨てのワンウェイ方式が主流となっています。返却方式の場合には場所を取るという問題がありましたが、ワンウェイ方式では一般ごみとして処分できます。さらに、配達方法にも比較すべきポイントがあります。

多くのウォーターサーバー業者が定期配送を基本としています。これだと毎月リピート注文を取れますし、配送代も割安ですみ業者さんにとっては願ってもない方法です。もちろん、事前に連絡することで配送を休めるようなサービスも提供されていることが多く、水が余った場合にも対応でしています。この方式に対して、最近人気なのが都度注文方式です。これだと必要なときのみに注文できますので利用者にとっては便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *