ウォーターサーバーの水の種類を比較してみる

ウォーターサーバーで提供される水には、様々な種類があります。

それぞれの水の種類を比較しておくのも、ウォーターサーバーを選択する上でのポイントです。まずは天然水です。これは特定の水源から採水された地下水を原料としている水です。地下で滞留している間に地層のミネラル分が溶け出して水の中に含有されることから、このような名称で呼ばれています。濾過や沈殿、加熱処理は行われていますが、化学処理は行われていないので安心して、自然の恵みを味わうことができます。ただしミネラル分は、犬や猫のペットに対しては体の負担になり、尿管結石の原因となることもあるので注意が必要です。

ウォーターサーバーによっては、月によって提供されるミネラルウォーターの採水地が変わると言うサービスを設けているところもあるようです。次に比較する水はRO水と呼ばれる水です。これはピュアウォーターと呼ばれることもある水で、RO膜と呼ばれるミクロレベルのフィルターを通して濾過された水です。そのため通常の水と比較すると、不純物が限りなくゼロに近い水と言う特徴を持っています。

またミネラル分も、RO水に関しては含まれていません。そこで最近では、RO水にミネラルをプラスした水が提供されることも増えてきています。これは人工的にミネラルを加え、ミネラルを含んだRO水を作り上げていることから、デザインウォーターと呼ばれることもあります。それから水素水です。これは水素を高濃度に含んでいるのが特徴の水です。そのため水素の特性により、体内の活性酸素を除去する作用が期待できる水だとされています。それぞれの水は、ウォーターサーバーによっては冷水だけではなく温水として提供されることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *