比較してほしいウォーターサーバーの2つのポイント

たくさん種類があるのがウォーターサーバーですので、選びづらいのが悩みです。

そんなとき2つのポイントから見てみれば、選びやすくなります。冷水と温水があれば十分、水なんてどれも同じと考えてウォーターサーバーを選んでしまうと後悔してしまいます。2つのポイントから、メーカーのサーバーと水を比較することで選ぶべきウォーターサーバーを見つけることが可能です。最初は維持費から見ていきましょう。コンセントにつなぎますので電気代がかかってしまいます。

大体月々に1000円ほどかかると見込んでおきましょう。サーバーに省エネ機能がついていると、その電気代からやすくなります。エコモードや部屋が暗くなると自動に切り替えてくれる機能がついていれば、月々300円台に押させてくれるサーバーもあります。またレンタル料が無料のサーバーも重要な選択ポイントです。水のセット数を満たせば、省エネサーバーのレンタル料が無料になるメーカーもありますので、比較して選びましょう。

またせっかくウォーターサーバーを導入するのですから水にも関心を持ちましょう。絶対においしい水しか飲みたくないのであれば、天然水の非加熱処理をしてる製品を選ぶと満足することができるでしょう。赤ちゃんがいればミネラルを含む天然水は体の負担が掛かることから、水をろ過したRO水が適しています。家族構成によって比較することで良いウォーターサーバーが見つかります。維持費と水の品質から探すと見つけやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *